Top

JCA Coaching News] 【vol.85】「「部下の育成とコーチング」   




◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
         
          JCA コーチングニュース         
                       【Vol.85】2009.7.23

◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
  
       ●━  I N D E X ━● 
  
  □ トップコラム「部下の育成とコーチング」

□ チャプターイベント情報
 
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
        部下の育成とコーチング
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━


マネジャーに対して「部下の育成に興味がありますか?」という質問をすると、ほぼ100%「yes!」という答えが返ってきます。

ところが、続けて、「部下の育成に関して、具体的に何をしていますか?」という質問をすると明確に答える人と、答えられない人がいます。

具体的に答えられるマネジャーと答えられないマネジャーでは総じて答えられるマネジャーのほうが業績がよいことがわかっています。



たとえば、マネジャーが部下の営業に同行する。

しかし、マネジャーの同行の意図は、クロージングであったり、部下の行動のチェックだったりすることがままあるわけです。

もし、マネジャーが部下の育成を関心だけに終わらせることなく、同行を育成の場として捉えて、意図を持った行動に置き換えることができれば、その違いは大きいに違いありません。



ある企業の営業マネジャー、Aさん。

部下育成の関心の強さは人一倍です。ところが、その育成方針はまさに体育会。



「モチベーションは自分であげろ」

「技術は見て盗め」

「数字は気合で達成しろ」



Aさんが部屋に入ると部屋の空気はいつもピンと張り詰め、当然のことながら、部下はAさんの顔色をうかがって萎縮しています。
部署の売り上げは、可も無く不可も無くといったところで、営業のトッププレーヤーだったAさんはそれが気に食わないので、さらに部下を叱咤激励する。



半年ほど前、Aさんは会社のマネジメント研修の一環としてコーチングを学びました。

もともと部下育成への関心が強いAさんは、コーチングを育成のスキルとして積極的に吸収していきます。

3ヵ月後、Aさんの部下に対するかかわりは大きく変わり、部署の営業成績も上昇し始めました。



Aさんは言います。

「これまで部下を育てるということは、部下をたたき上げることだと思ってやってきました。

自分がそう育てられたのでそれが当たり前だと思っていました。

でも、コーチングを勉強して、はじめて違うやり方を知りました。びしびしやった方がいいときもあるしそうでない方がいいときもある。

部下を育てるという目的はどちらも同じですから、コーチングを知って、部下への関わり方の幅が広がったんだと思います」




マネージャーの使命は、業績をあげることと、部下を育成すること。

マネージャーがコーチングを学ぶことは、もっとも効率のよい部下育成のアプローチなのだと思います。





日本コーチ協会理事

     桜井 一紀



--------------------------------------------------------------

■東海チャプター■

   ~ Hesso9月度スペシャル勉強会 ~

   日本ファシリテーション協会前会長 
   『堀 公俊』氏による スペシャルワークショップ

    「ファシリテーション×コーチング」

--------------------------------------------------------------

□日  時□ 2009年9月5日(土)13:30~17:00

□場  所□ 東桜会館 集会室

□参加費 □ チャプター会員:2,000円 ビジター:4,000円

□内  容□ 「ファシリテーション」

この言葉を見聞きすることがあると思います。
人が持っている力を最大限に引き出すというところでは
コーチングと共通ですが、実際に目にしたことがある方はどれくらいでしょうか。

Hessoでは、日本ファシリテーション協会前会長「堀公俊」氏をお招きします! 
組織改革、企業合併、教育研修、まちづくり、市民活動など、多彩な分野で
ファシリテーション活動を展開されている堀さんのワークショップでファシリテーション
の魅力を体感しましょう!ファシリテーション特有のワークを通じて、きっと新しい発見があるでしょう!
多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

□申込先□ Heesoホームページよりお申込みください。
http://sv01.ezines.jp/url/128971131c57aec876bb2a74e81a8d3daa88f329
[PR]

by ncrd | 2009-07-29 00:37 | 普及活動

<< 社会人力を磨く 8月 アサーティブネス・セミナー開催 >>