Top

強みを活かす 1   





縁あって、若い頃(今でも若いと思ってはいますが・・・)から小企業の経営者の方々と、経営について色々とお話を伺う機会を得てきました。


様々なタイプの経営者がいますが、小企業という経営形態でも何らか成功していく経営者の人は、強みを伸ばしているんだなと感じます。



  高学歴で頭のよい経営者の企業が伸びていくわけではありません。

  行動力のある経営者が伸びるわけでもない。

  目標やヴィジョンがかなり明確、というタイプも違う。

  きっちりとした事業計画を作成している経営者でもない。

  資金力豊富な経営者・・・でもない。

  マーケティングに長けてうまくいった人でも、続かない場合がある。



「こういうタイプはうまくいく」 そんなセオリーは感じられません。


何となくですが、強みを伸ばしていく経営者だけは、そこそこ発展していくのかな、という印象。





私の両親は、小企業、というか、1つの零細企業に一緒に勤めていました。


その会社の経営者は、とにかく我侭で強引、気難しく、気に入らないことは何でも怒鳴り散らす、威嚇して(当人に自覚があったかは不明)従業員を動かすタイプの経営をしていました。


人をまったく信用しようとしない、従業員ですら特定の者にしか心を許さない。


そういう人でしたから、新しい従業員を雇っても、10人中9人は1日で辞めてしまいます。





そういう、ある意味では劣悪?な会社環境の中で、私の母は賢い存在だったように感じます。


信用に足るという判断で、このワンマン社長の秘書のような仕事を許されていました。


相変わらず母にも怒鳴り散らしていましたが、この社長は母にだけは心を許していたように思います。


また母は、社長を抑えることができる「奥さん」というパトロンから絶大なる信頼を勝ち取っていたからです。





無口な父でしたから、こういう労働環境で勤める母は、ことあるごとにこの経営者夫妻の醜態について、息子である私に愚痴を垂れ流しました。


夕飯時は、今日の社長夫妻の言動がああだったこうだったと、それがおかずのようなもので。


私は嫌だったので夕飯を食べ終わるとすぐに脱出する口でしたが、代わりに姉が延々と相手をしてくれたことを、今も感謝しています。





ただ不思議なことに、母はこの経営者の商売の話になると、何故かこの社長を、誉め称えていたことを覚えています。



  「あの人(経営者)は経営には固い、ゴルフ好きでも経営の勉強は欠かさない」

  「信用できない人には一切何も任さないで、すべて自分の目で確認する」

  「業界はもうダメになっているが、悪い環境でも利益を出す知恵を持っている」

  「やり口は汚いけど、おかげで給料の遅配は一度もないし、安定させてきている」



思うに、このワンマン経営者は、こと零細企業経営に関しては、「絶対に妥協しない自分なりのやり方」を全うしていたのかもしれないな、と、今になって何となく思います。


怒鳴り散らしたり、部下を信用しないところはあったにしても、経営者としての責務はきっちり果たしてきた。


素行の悪さをちゃらにできるぐらい、経営にはひたむきに取り組んでいたのかもしれません。


事実、この経営者のお葬式には、予想を大幅に超えるほどたくさんの仕事関係の方々が弔問にきていたことからも、人となりが理解できたような気がします。





「自分だけの強み」 をとことん活かし伸ばしきった経営をしていたのでは?と。


周囲からどう思われようと、従業員から嫌われようと、経営に関しては自分なりのやり方を通して妥協しないところが、成功をおさめていった要因ではないかと感じます。


鬼の様でも思い通りに結果を残す経営者、と、優しくて印象よくても儲けられない経営者・・・どちらが 「優れている」 のでしょうか。


経営者の罵声を浴びつつも、この会社の中で長く勤められた人は、皆同じことを思っていたようです。


「自分のような境遇の者に、働く場所があるだけで、本当に有難い」





ちなみにこの会社は、経営者の死後、三男が継いだのですが、うまくいかず会社を畳んだようです。


三男はほとんど仕事もせず飲み歩いては、飲み屋の女性にちょっかいをかけてばかりで、しばらくすると、父親の財産らしきものをほとんど食い潰してしまった、とか(と母が教えてくれました)。


(幼子が絵本を読み聞かせられるように、20数年ずっとこの会社の顛末を聞かされ続けてきた私にとっては、この結果に、ふと何とも言えない寂しさを覚えてしまいました)


この息子さんにも強みはあったのでしょうが、偉大な父親も、そこまでのことは教えこめなかったのか。





零細企業の経営も、大企業経営も、経営という一言で語れば同じこと。


それぞれの大きさで、考えさせられることは多いということでしょうか。


気がつけば、自分も曲がってはいますが・・・零細企業経営者の立場、複雑だなぁ。





自分の強みって、何だろう???
[PR]

by ncrd | 2009-06-05 00:05 | コミュニケーション

<< 使えるツールのはず コーチと学ぶアサーティブネス ... >>