Top

超高齢化社会がやってくる   




超高齢化社会。



あと10年もすれば、若者1人が3人ぐらいの高齢者を養っていくような時代が来るようです。

こういう社会になるのは、どうやら世界でも日本だけのようです。

北欧の国々は福祉政策が豊かでも子供は産んでいるようなので、社会が高齢化しても出生率が低下している日本は、このままいけばずっと高齢化社会に突き進んでいくのでしょう。



そのうちきっと、、、


  「新入社員の平均年齢が65歳。 教えることは何もないから、好きに働いてください」


それこそマンガみたいな状況になる時代が来るのでしょうね。
(真面目に・・・)



今後の高齢化社会をイメージすればするほど、経営課題は今とガラリと変わる気がします。

まず、若者を教育することよりも、新入社員である高齢者の方々から学ぶことが増える。

知恵や知識、経験から多くを学ぶことができるので、知的財産が容易に増えるのでしょう。



知的財産が容易に手に入るのであれば、それをいかに早く商品化し、サービスの充実につなげられるか。

若者の育成テーマが絞りやすくなるかもしれません。

ただし、若い世代が 「聴く耳」 をもっていればの話ですが・・・。



組織のコミュニケーションは、高齢者の居心地よい話題に独占されるのでしょうね。

健康の話題、子や孫の話題、過去の体験の話題、老後の話題。

若い世代が準備しないといけないのは、そのような高齢者の方々が好む話題についていく能力を高めること。



若者人口が減り続けても、優秀な頭脳を持っているある一定割合の若者達は大企業へ勤めていくのでしょうし、一方では、産学連携に後押しされて、起業を目指す若者も増えていくことでしょう。

また、比率は変わらないと考えれば、勉強はあまり優秀でないけれどもやる気だけはある集団の子達は、中小規模の企業へ集まっていく。

そして、零細企業はといえば・・・ある一定の力量の子達は、やはりそこへおさまっていくことでしょう。



でもそこに、「高齢者集団」が加わることになるのではないかな、と思います。

第一の人生を全うした方々は、第二の人生の充実を目指していかれるでしょう。

企業の規模や任せられる業務レベルよりも、、、


  「自分自身がいかに充実した生き方ができるか。年をとってもまだまだ貢献できる。
   得てきた知識や経験を社会に活かしたい」


そう思われるのでは、と感じます。



これからの日本の社会は、減少する若者達と増え続ける高齢者達が共存できる姿を目指すことになります。

そして企業社会の中では、そんな若者達と高齢者達が、共に磨きあえてお互いに充実ができるような組織をいかにして作り上げていくか、がテーマになるような気がします。

数が増えるから高齢者、というわけでもなく、数が少ないから若者、でもない、共存共栄の世界。



年上の部下が益々増えることになります。

上司が身につけていかないといけない能力も、段々と変わっていくのではないでしょうか。

はっきりと言えることは 「年上や年下の部下と信頼関係を築くことのできるコミュニケーション力、をどう身につけるか」 そんな気がしています。



かつての上司が部下になることもあるのかも・・・。





(M)
[PR]

by ncrd | 2009-05-29 00:24 | コミュニケーション

<< 譲り合うコミュニケーション 社会人基礎力養成講座 >>