Top

[JCA Coaching News] 【Vol.81】 2009.3.20   

◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
         
          JCA コーチングニュース         
                       【Vol.81】2009.3.20

◆◆◇━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━◇◆◆
  
       ●━  I N D E X ━● 
  
  □トップコラム「コーチとしてスキルアップし続けるということ」
  □事務局からのお知らせ
  □チャプターイベント情報
 
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
      コーチとしてスキルアップし続けるということ
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
               

今、日本におけるICF認定コーチの受験者増加に伴い、日本語による認定試験官の育成が緊急の課題として挙げられています。

そこで今回、米国人コーチのクリグバウム氏が、約10名の日本人候補者に対して英語でのトレーニングを行うこととなりました。

そして私は、その通訳を務めるという貴重な機会を得ることができました。

ICF(国際コーチ連盟:International Coach Federation)では、3つの認定ステータスがあり(ACC、PCC、MCC)、それぞれのスキルレベルを具体的に言語化しています。

その中でも一番レベルの高い試験は、マスター認定コーチ(MCC)の認定試験です。

その認定試験官になるためのトレーニング内容については、コーチ業を営む身として襟が正される思いがしましたので、みなさんに共有します。

まず、コーチの認定試験は、筆記試験、口頭試験、録音審査の3つに分かれており、それぞれ 具体化されている基準に満たないと認定資格は取得できません。

MCCの場合は、資格取得に値するコーチとしての能力に加え、2500時間のコーチング実績が必要になります。




今回のトレーニングの中で、クリグバウム氏が述べた一節を以下に紹介します。

「たとえ、2500時間のコーチングの実績があったとしても、その人がマスターレベルのコーチであるとは限らない。上のレベルに行く人は、常に自分のやり方についてフィードバックを受け、常にスキル向上に努め、常に学習し続けている。自分のコーチングのやり方に甘んじ、スキルアップを図らない人は、たとえ2500時間分のセッション実績があっても、「万年PCC(プロフェッショナル認定コーチ)」である 」



とても印象深い言葉です。コーチとしての実績が長くなるほど、メンターコーチをつけ、自分のコーチングについてフィードバックを受けたり、コーチとしてのスキルアップを計り続けることがより重要になってくるのです。

ですから、コーチとして活動している人は、まず、自分にコーチをつけることが大前提となります。

そして、コーチを受けたい人は、そのコーチ自身がコーチをつけているかどうかを必ず確認してください。

これが、コーチ業界全体のレベルを上げることであり、あなたがコーチングを通して成果を出すための基盤となります。



コーチのコアコンピテンシーはこちら
http://sv01.ezines.jp/url/4a69722d4bc963847691ffe077ce4dfbc989139f





日本コーチ協会理事  平野圭子



━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
         ◆ 事務局からのお知らせ ◆
━━━━━━……‥‥・・・ ・  ・ ・・・‥‥……━━━━━━━
 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
      2009年ICF認定資格申請代行サービスについて                 
 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

  ICF認定資格の新規申請代行サービス、ただ今受付中
     受付期間 3月2日(月)~4月3日(金)

  今回はACC、PCC、MCCの新規申請となりますので、ACTPを修了
  された会員の方は、申請条件等をご参照ください。
http://sv01.ezines.jp/url/1629be2ea903ba78f67616a0e564f1bf883302bd

―――――――――――――――――――――――――――――――――
※「日本コーチ協会チャプター情報」は各チャプターから提供された
 イベント情報をそのまま掲載しております。

◆◆◇――――――――――――――――――――――――――――――

◇編集後記◇
桜の開花予想によると、今年の開花は例年よりも5日~7日早く咲き出す
そうです。
子供の頃、桜は入学式の花でしたが、最近では開花が早くなり、
卒業式の花になってきているように感じます。
いずれにしても、桜の季節は心が弾み、外に出かけたくなりますね。

皆様、さわやかな桜の季節をお過ごしください。

――――――――――――――――――――――――――――――◇◆◆
 ◆JCAコーチングニュースに関するお問い合わせ
  info@coach.or.jp
 ◆配信申込み・配信中止・配信先変更
  http://sv01.ezines.jp/url/c13588062cb9fdada50d62dd275e5bc17cf98ea7
  
 【発行】特定非営利活動法人 日本コーチ協会
  〒102-0075 東京都千代田区三番町8-1 三番町東急ビル6F
  http://sv01.ezines.jp/url/f139788ae98b3eb09cb2449f220ae90c9ae64448
◆◆◇―――――――――――――――――――――――――――◇◆◆
   (C)2009 Japan Coach Association. All rights reserved.
[PR]

by ncrd | 2009-04-07 23:24 | 普及活動

<< 部下が待っている上司の言動 部下は上司の思い通りには動かない >>